薄毛の印象アンケート

若年性更年期障害

若い女性に増えている若年性更年期障害の症状と対策


一般的に閉経が近づく40代半ば頃から約10年の間に起こるとされる更年期障害ですが、最近は若い女性にも更年期障害と同様の症状を覚える方が増えてきました。

若年性更年期障害やプレ更年期と呼ばれる事もありますが、閉経までまだ間があるような20~30代の方の場合は、月経前症候群(PMS)の症状の重いものと診断されることもあります。

更年期障害の症状としては、のぼせ、鬱症状、動悸、イライラ感、睡眠の質の低下、疲れやすい、冷え、耳鳴り、尿失禁、めまいなど多岐に渡りますが、どの症状がどの程度の強さで出るかは個人差が大きく、起き上がることすら辛い方も居れば、自覚症状のないまま過ぎてしまう方もいます。

年齢が上がり閉経が近づくと女性ホルモンの分泌量が減り、脳からは分泌量を増やすように信号が送られるものの、卵巣機能の低下から分泌量は増えない為、心身のバランスが崩れてしまい、様々な不調として現れます。

それとよく似た若年性更年期障害は、ストレスや偏食の栄養不足などの影響で、卵巣機能が低下してしまったり、自律神経の乱れからホルモンのバランスが乱れてしまった為に起こる現象です。

慢性的にストレスを感じていたり、食べ物の好き嫌いが多かったり、ダイエットで過度な食事制限を行っていたり、喫煙の習慣があると発症しやすくなります。

症状を軽減する為には、ストレス解消とバランスの取れた食事、禁煙、十分な睡眠時間の確保、軽い運動を行い、イソフラボンやポリフェノール、ビタミンB1を摂る事を意識すると良いですね。

卵巣機能回復の為には体を冷やさない事も重要ですので冷たいものの飲食は控え、体を温める作用のある香辛料や生姜、黒い色をした食品を積極的に摂るようにしましょう。

顔が火照ったりのぼせたりしている時には、首の後ろを冷やすと気持ちが良いと思うかも知れませんが、首の後ろを冷やすと自律神経が乱れやすくなるので、どうしても冷やしたい時には耳の下やワキを冷やすようにしましょう。

自律神経を整えて体を温める作用のある高麗人参や、ホルモンバランスを整える作用のあるプラセンタやローヤルゼリーなどのサプリを摂取するのも良いかも知れません。






女性に効果のある育毛剤のトップへ