薄毛の印象アンケート

薄毛の原因を特定しよう

薄毛の原因のいろいろ


・ホルモンバランスの悪化 頭髪はホルモンから大きな影響を受けます。
男性ホルモンの働きが優位になると、薄毛が進行するケースが多く、いわゆる「M字型」のハゲに悩まされる可能性が高くなります。

このタイプの薄毛はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれ、内服薬による改善が数多く報告されています。

専用のお薬を医療機関で処方してもらうことができるので、ぜひ受診を検討してみましょう。

女性の薄毛もホルモンバランスの悪化によって生じる例は多く、特に更年期のあたりによく見られます。こうした薄毛には、ホルモン剤によって劇的な改善が期待でき、医療機関で広く治療が行われています。

薄毛以外にも更年期障害の諸症状(気分の落ち込みやイライラ、不安感など)が改善されるので、心当たりのある方は「我慢」せずに医師に相談することをおすすめします。

・血行や血流の悪化

食生活をはじめ、生活習慣の悪化は血流を阻害し、
頭髪の生育を妨げます。女性の場合は薄毛と「冷え」を併発していることも多く、
生活の見直しによる「体質改善」が課題となります。

・疲労やストレス

先ほど述べた血流の悪化は、慢性的な疲れ、ストレスによって引き起こされるケースも珍しくありません。

典型的な例としては「円形脱毛症」が挙げられます。円形脱毛症については、体をしっかりと休め、疲労・ストレスを解消することで改善されるケースが大半です。


・皮脂の過剰分泌

男性に多く見られる頭皮の脂による「毛穴の詰まり」は、薄毛の主な原因としてよく知られています。

先述した「ホルモンバランス」や「食生活」が深く関係している場合が多いので、やはり「体質改善」が主な対処法となります。

並行して脂=頭皮の汚れを取り除くために、丁寧な洗髪(シャンプー)が求められます。 最近の育毛剤は、これらの原因をピンポイントで「狙い撃ち」するタイプが多いようです。

由を正しく把握し、「本当に効く育毛剤」を選びましょう。

育毛剤ランキング男性市販の決定版最新はこちら

薄毛対策をする前に頭皮の状態チェック


薄毛に関する情報もアイテムもかなり増えてきましたが、誰かに効果があったからと言って、自分にも効果が出るとは限りません。 体質や原因によって薄毛対策も変わってきますので、まずは自分の頭皮の状態チェックを行う事が大切です。

・かゆみやフケがある

乾燥が原因で薄毛になっているタイプです。 洗浄力の強すぎるシャンプーを使っていたり、すすぎ残しをしていませんか? 保湿成分や植物性か動物性の油が配合されている、アミノ酸系シャンプーを使うと良いですね。

また、洗髪後に熱すぎるドライヤーをかけたり、自然乾燥をさせるのも頭皮を乾燥させる原因となります。

自然乾燥は最も頭皮や髪の潤いを奪ってしまいますので、少し離した場所からドライヤーをかけるか、遠赤外線ドライヤーや低温ドライヤーを使うようにしましょう。

・臭いやベタつきがある

皮脂の分泌量が多いか、洗い残しがあるため、毛穴詰まりから薄毛になっているタイプです。 頭皮だけが脂っこく、顔や体はカサつきを感じる場合は、乾燥肌が進行して肌の奥が乾いたインナードライという状態になり、過剰な皮脂の分泌が起こっている状態ですので、アミノ酸系シャンプーを使い、乾燥を防ぐようにしましょう。

頭皮以外も脂っこい肌状態の場合は、洗浄力の強いアルカリ性の石けん系シャンプーがお勧めです。 石けん系シャンプーを使うと、髪にきしみやパサ付きが出る場合がありますが、酸性のリンスで中和すればきしみを抑える事が可能です。

・頭皮に赤味が出ている

炎症が起きているため、抜け毛が起こるタイプです。 シャンプーやスタイリング剤が肌に合っていないか、紫外線に負けてしまっている場合がほとんどです。

炎症を起こす成分が特定できていない場合は、原材料が極力シンプルなもので、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kやアロエエキスなどが配合されているものを選ぶと良いですね。 長時間屋外で過ごす時には、UVカット機能のある帽子や日傘を使用するようにしましょう。

・頭皮が硬い

健康的な頭皮は、指で摘まめる程度の柔軟性を持っています。 指で摘まめないほど硬くなっている場合は、血行不良からから抜け毛が起こっているタイプです。 ゴシゴシとこすってしまうと余計な負担や刺激になってしまいますので、ゆっくりと優しく頭皮をマッサージしましょう。

また、慢性的な肩こりも頭皮を硬くすることが確認されていますので、心当たりのある方は、まずは肩こり解消を意識した生活を行いましょう。



女性に効果のある育毛剤のトップへ