薄毛の印象アンケート

AGA(男性型脱毛症)

AGA専門のクリニックでの診療が発毛には効果的


薄毛で悩む男性は多くいらっしゃいます。薄毛はAGAと言われ、専門の治療を施してくれるクリニックが多くあります。いまや、薄毛は治らないものではないのです。

できることはありますので、まずは自分の頭皮の状態チェックすることから始めましょう。薄毛の悩みを克服すれば自分に自身もつきます。

いきいきとした頭皮、髪を取り戻すためにはまず自分の薄毛の原因を知ることです。

薄毛対策は原因を知ってこそ適切な対策ができるのです。

薄毛は主に生活習慣が関係するといわれています。生活習慣の見直しと共に頭皮のヘアケアを組み合わせた総合的な薄毛対策が肝心です。

適切な処置のためには頭皮チェックを行うことが必要不可欠です。
無料で頭皮チェックを行なってくれる民間業者さんも多くありますが、AGA専門のクリニックでお医者さんに診てもらうのが一番いいでしょう。

頭皮チェックは治療前にも行いますが、治療途中でも経過を見るために行なわれます。

定期的な頭皮チェックを行ないながら頭皮と髪の状態を丁寧に観察しながら適切な薄毛対策を行いましょう。

いずれにしても自分で薄毛対策を行うのは難しいものです。
間違ったヘアケアで効果もなく逆に進行してしまう最悪の事態もありえます。

専門家のカウンセリングを受けることは効果的な育毛対策につながります。

適切な食生活や生活習慣の改善など具体的に聞くことができますので自分にぴったりな対策を聞くことができます。 テレビやインターネットなどで得た知識 では必ず自分にも合っているかどうかわかりません。 自分のためのオーダーメイドな解決策を知るためにカウンセリングを受けることは非常に有効です。

まだ目立った薄毛ではないが将来的に薄毛が心配という方であれば予防的な薄毛対策を速めに行うといいでしょう。

例えば毎日使うシャンプーを刺激の少ない育毛シャンプーに変えたりタバコやお酒を控えたりできるだけ紫外線にあたらないようにするなど薄毛予防を常に心がければ将来的にも薄毛になるリスクを減らすことができます。

病院で効果のある育毛剤を処方してもらう方法


本当に効く育毛剤は副作用が強い…そのように考えている方も多いかもしれません。

事実、血行を促進するタイプの育毛剤は刺激性が強く、稀に炎症など生じてしまうこともあるようです。
敏感肌の方など特に注意が必要かもしれません。

また、海外製の育毛剤は一般に副作用が強いといわれており、使用にあたっては細心の注意が求められます。

一部、日本では認可されていない添加物など含まれているものも。中にはリバウンド(使用をやめると抜けてしまう)が報告されている商品もあるので、育毛剤はできるだけ国内のもの、有名・大手メーカー製造の商品を使用しましょう。

具体的な成分としては、「ミノキシジル」による副作用が報告されています。
血管を拡張する作用があるため、頭痛やめまい、吐き気などを引き起こす事例があるようです。

ただし、症状としては非常に稀なものなので、特に危険視する必要はありません。使用を控えれば症状は治まりますし、一過性のものですぐに治まる方が大半です。

しかし、低血圧の方には不向きともいわれていて、健康状態や体質によっては、他の育毛剤を選ぶことを検討してみましょう。

男性ホルモンの働きを抑制する育毛剤「プロペシア」に関しては、胃の不調(不快感)、性欲減退などの症例が報告されています。

とはいっても、使用をやめればすぐに機能は回復するので、慢性的なEDなど心配する必要はないようです。

日本は世界的に見ても医薬品に対する安全基準が厳しく、 深刻な副作用を招く恐れがある育毛剤は認可されていません。

小売店で市販・流通している商品なら、まず安心して使用できます。
ネット上には恐怖心を煽るような書き込みも散見されますが、その多くはウソやデマ。

心配しすぎることなく、用法・用量を守って正しく使用すればOKです。どうしても不安なら、医療機関を受診し、専門家(医師)の指示のもとで使用・服用すると良いでしょう。

髪を増やす方法




女性に効果のある育毛剤のトップへ