薄毛の印象アンケート

女性の薄毛

女性に効果のある育毛剤とは


生活習慣の変化に伴い、近年では女性の薄毛も増加傾向にあるようです。

女性の薄毛は男性と発症のメカニズムが異なる場合も多く、必ずしも男性向けの育毛剤が効くとは限りません。

例えば、20〜30代の女性多く見られる「若年性の薄毛」は、無理なダイエットに起因する場合が多いといわれています。

食生活の乱れ、栄養不足など問題点として自覚できているのであれば、その改善に取り組むことから始めましょう。

育毛剤が効果を発揮するのは、健康あってこそです。
度重なるヘアカラー、パーマなどは髪に一定の負担を与えます。

女性にとって髪は美の象徴。だからこそオシャレに気を使いたくもなりますが、髪へのダメージには注意したいところです。

オシャレをする分だけ、ケアにも十分に配慮し、髪を労わる習慣を心がけてください。

女性の薄毛は、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされるケースも多いようです。

特に、更年期に差しかかるあたり、40〜50歳にかけて、急激に薄毛が進行する例が珍しくありません。原因がホルモンであるかどうかは、医療機関を受診・検査することで比較的容易に特定可能です。

ホルモン剤など適度に服用することで、劇的な改善が期待できます。

事実、低用量ピルやプエラリアなど、お薬やサプリメントでホルモンの働きを促進すると、多くの女性に改善が見られるようです。 女性用の育毛剤に配合されている成分としては、男性ホルモンの働きを抑えるチョウジ、オウゴンリキッド、女性ホルモンの働きを促進するカンゾウエキス、ヨモギエキスなどがよく知られています。

さらには、炎症を抑える成分、血行を促進する成分など、一部に男性用の育毛剤と同じ成分が配合されている場合も。

また、男性用の育毛剤と同じく「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」に分類されていて、それぞれ取り扱い店や効果・効能の度合に違いがあります。

「女性には男性用の育毛剤が効かない」と断言はできませんが、女性向けに設計・製造された商品の方が「効きやすい」のは確か。

いずれにしても、薄毛の原因を正しく把握し、その原因を解消してくれるような育毛剤を「厳選」することが望ましいでしょう。


効果のある育毛剤を丁寧なシャンプーでフル活用


育毛の第一歩は丁寧な洗髪(シャンプー)からとよく言われます。

薄毛の原因の一つに「皮脂の過剰分泌」、「毛穴の詰まり」が挙げられますが、これは頭皮の衛生環境が著しく悪化した状態。

こまめに洗髪し、清潔な環境を取り戻さなくてはなりません。
このままの状態で育毛剤をいくら使用しても、有効成分が頭皮に浸透しないため、十分な効果を期待できません。

逆に言えば、頭皮の汚れを取り除くことで、育毛剤の効果が促進されるということ。
有効成分をより深く、頭皮の隅々にまで行き渡らせることができます。

「男性用」、「男性向け」として市販されているシャンプーは特に洗浄力が強く、洗髪後に爽快感を覚える方が多いようです。

男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多いため、より洗浄力の高いシャンプー剤が好まれる傾向にあります。

ただし、敏感肌の方、頭皮が乾燥しフケなど多い方は、注意が必要。
本来、皮脂には皮膚を守る「バリア機能」が備わっており、洗い過ぎるとかえって悪影響を及ぼします。
シャンプーを替えてかゆみ、炎症などの症状があらわれた場合には、しばらく使用を控え、頭皮を労わってあげましょう。

症状が治まらない場合には、医療機関で頭皮用のローション、かゆみ止めなど処方してもらうことをおすすめします。

男性用シャンプーの中には、はっきり「育毛用」として販売されているものも少なくありません。

その多くは洗浄力に特化したもので、脂性の男性には優れた効果を発揮します。ただし、先ほど述べたように「体質的に合わない」方もいるので、頭皮のコンディション、肌質などに応じて、自分に適したシャンプーを選ぶ姿勢が必要です。

皮脂の過剰分泌を抑えるためには、食生活の見直し=体質改善も必要。特に30代以降になってから急激に薄毛が進行する男性は、食生活に問題があるケースが多いようです。

油分の多い食事は控え、野菜や果物を積極的に摂ってみましょう。

生え際薄い 育毛剤 男性


女性に効果のある育毛剤のトップへ